韓国コスメ

3CEのウユクリームは地元民に人気なしって本当?パックでニキビにも効果ある?クッションタイプ比較

更新日:

3CEの美白ウユクリーム(ホワイトミルククリーム)が、実は地元民では全く人気のない商品だった!

日本人観光客の女の子がこぞって買いまくる、ちょっと高めのウユクリーム♡

これ、実は韓国人の女の子の間では全く有名じゃない商品なんです( ✧Д✧)

もちろん、3CE自体は大人気ですし、明洞のスタイルナンダのビルも、半分ぐらいは韓国の女の子たち。

ウユクリームは、美白クリームですが、肌を白く改善するクリームではありません。

酸化チタンという『白色顔料』が入っていて、白い粉をふっているような感じ。

(これは日焼け止めクリームで異様に白くなるやつと同じ成分)

使い続けても、一切白くならないのでご注意を!

(本気で美白するなら、ハイドロキノンやグリチルリチン酸2Kなどの商品を使わないと絶対に無理です。)

こういう理由もあって、韓国の女の子には見向きもされないクリームとなっています。

(こういう美白偽装クリーム、韓国でたくさんあるので、わざわざ高い物を使う必要はないという認識だそうです。)

3CEのウユクリーム(ミルククリーム)口コミ

肌のトーンが塗った瞬間から明るくなる!

ポイント

美白!効果は抜群!

韓国人みたいな肌の白いのに憧れている人にはとてもおすすめできる!

化粧下地として使えるから化粧下地代を節約できる。

大事なとき以外はファンデーションなしで、ミルククリームだけでもいけるぐらい綺麗になる!

ファンデーションをならず肌を休ませることもできるから一石二鳥でとても嬉しいです。

顔だけじゃなく全身に使えてコスパよし!

全身に使えるのは嬉しい。

クリームタイプで塗ったとこだけ白くなるから夏に日焼けしたとき日焼けしたところだけ塗って隠すこともできる。

3CEのウユクリームは、

・さらっとしていて伸びもよく量が多いのもコスパがいい!
・匂いは甘い独特の匂いで嫌いな人もいそうだけど私は好き!
・1日塗っていても乾燥はあまりしなかった!
・日本でも買えるから嬉しい。

クレンジング不要で落ちてくれるから、めんどくさくない♡

クレンジングじゃなくて、洗顔で落ちるから楽でいい。

上手くならないとムラになりやすい。肌の調子が悪いと浮いてきて化粧崩れがあるときもある。

塗りすぎると不自然になる。一時的なのが残念。

徐々に白くなるホワイトニング効果なんかもあったら、なおよかったと思う。

クッションの方には日焼け止め効果があるけど、コスパがいいからクリームを買いたいのでこちらにも日焼け止め効果があったらいいなと思う。

スパチュラが入ってるが入れ物に入らないから中蓋と蓋の間に入れれる大きさだったらもっといい。

大きいので旅行用に小さいサイズも欲しい。

3CE ミルククリーム クッションタイプも使ったけど、効果は少ない!

同じ3CEから出ているミルククリームのクッションの タイプも使ったことがあるけど、

クッションタイプの方が効果は少ない。

クリームタイプの方が白くなる。

でもクッションタイプの方がムラにならずに塗りやすいし手も汚れずに使える。

コンパクトなので持ち運びには便利。

クリームタイプの方がコスパはいい◎ 保湿力はクッションの勝ち!

量的にはクリームタイプの方がコスパがいい。

クッションタイプはクリームタイプより保湿力がある。

クッションタイプには日焼け止め効果があってクリームタイプは日焼け止め効果がない。だから夜使えるのも嬉しい。

3CEのウユクリーム 【比較】 ベリサムのウユクリーム

ベリサムのウユクリーム

ベリサムのホワイトインポッピングクリームの方が安くて、

半額ぐらいの値段で買えるので効果よりもコスパを選ぶならこっち。

ベリサムの方がサラサラしているような気がした。

デザインはどちらも牛乳のパックの形で可愛いからパケ買いしたくなる。

ポイント

白くなる美白効果があるのは3CEのミルククリームだと思う!

やりすぎが嫌で自然を好む人はベリサムの方が向いているかもしれない。

匂いも2つ全然違う匂いで私はどちらも嫌いじゃない。

シワが気になる人はベリサムがGOOD

ベリサムの方はシワ対策のアデノシン成分も入っているみたいだから、そこは女性としてありがたいし買おうと思えるポイント。

3点ともインスタ映えをするような可愛い商品!

どれもそれぞれいいところがあって使い分けたいとおもった。

-韓国コスメ

Copyright© あいうぱ , 2018 All Rights Reserved.